初日

初日終了お疲れ様です。

ネタバレ回避中なんですが

明日はエンタメ情報に取り上げられるようで

どうしようかと…、観たいけど…、楽しみにしたいし…。

ジャムのタイトルバックとか変わるのかなあ。

あれから1週間。

時間ってどんどん流れていくなあ。

止まってしまう時間があることを

限りがあることを

けど生かされているだけで夢は見れるのかなぁ。

希望があるのかなあ。

酔ってるな。

深夜のジャムまでは無理やから寝よう。

うちの男子どもはサッカーを観るらしい。

紳士

キリン馬。名前と姿からして突然生まれました感が半端ない。武器は雷最強、防具はエロコスプレ。防具のせいか角のせいかラージャンに犯される運命を背負う羽目に。おかげでキリン女ハンターも多くの紳士ハンターのおかずにされている。

第232回軍師官兵衛〜第1回感想〜

西郷どんは、先週お休みだったので、今日はこちらの感想を書いてみたいと思います。

BSプレミアムで、大河ドラマアンコールという番組がありまして、今年は軍師官兵衛です。

2014年の作品。主役の官兵衛を演じたのが、岡田准一さん。あのときは、永遠の0もやってましたかね。奥様の宮崎あおいさんも篤姫の主役してたわけで、夫婦揃って大河の主役やっているって、何気にすごいと思います。その血を引いた子供はどんな子に育つのでしょうか。

西郷どん、優先してたら録画がたまってしまったので、こちらも少しずつ不定期になりますが、感想を書いていければと考えています。

二回見て、また気づきが出てくるかなと。

まあ、結構前になるから初めて見た気分のことが多いかも。

軍師官兵衛は、岡田准一さんだけでなく、高橋一生さん、田中圭さんなど、結構、今、ブレイクしている俳優さんたちが出ているのです。

しみじみ、4年しか経っていないのに、皆さんがほんまに若い!当たり前ですけど。

オープニングが、野原に花をつみに来ていた女の子がいるところを馬に乗った武士の軍団がそこを走り抜け、女の子は亡くなっているという衝撃的なシーンから始まり。

そこから、戦国時代の厳しさが説明され。

場面が変わり、官兵衛が馬に乗って駆けてく。

これは、文句なくカッコいい。

いくら、かっこよくても、敵が鉄砲や弓矢をいくらうってもあたらないのは、それはないやろと思いましたが。

官兵衛は、戦国時代のドラマなら必ず出てくる人。でも、どちらかというと老獪な、一癖も二癖もあるイメージが強い。割りと年取ってからの登場になることが多いです。

信長を亡くし動揺している秀吉に天下を取ることを進言し、関原のときに徳川側につき手柄を立てた息子に対して、なぜそのあいた手で家康の命を奪わなかったかと言い放った人。

でも、若い頃はどうだったのか。あまり知らないですね。記録にもあまりない。

初回は、まだまだ青い部分もあるけど、軍師としての片鱗もあり。

恵まれた環境ではないながらも、お父さんやおじいさんのいいところを受け継いだのだろうなと思った。

このドラマで、官兵衛が姫路出身と知り、身近な地名が出て、やはり嬉しいです。調べていくと、官兵衛のお母さんが私の家から近い所出身だと知り、更に親近感がわいています。

まあ、西郷どんより更新頻度は低めですが、よかったら読んでください。

Y校

高校野球観戦開幕して計3試合。昨日の市立川越と武南のタイブレーク決着から始まり、粘り強さと試合巧者で善戦した佐倉対習志野戦、そして校と隼人の横横対決。全てが最高の内容で今のところ言うことなし